1. 無料アクセス解析

散歩 de ふぉと

散歩の途中で出会った風景や花を写真に・・・たまにはふらりと山へ

遠い昔

イワハゼ(岩黄櫨)

白い花冠に赤いガクのコントラストが美しい
花が終わった後に赤い実をつけるので「アカモノ」とも呼ばれている

釣鐘型の白い花は清楚で可憐。霧で露が付いた姿がまた良い

花言葉:美しい思い出、初恋

IMG_58130.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

すべての人に

ショウジョウバカマ(猩々袴)

ユリ科で人里から高山帯の高層湿原まで生えている
花の色は淡い紅色、青色、白色とさまざま

花が赤いのを猩々(中国の伝説上の動物のこと)の赤い頭の毛とみたて
根生葉の重なりが袴に似ていることから、この名が付けられたと言われている

花言葉は「希望」

IMG_57790.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_57780.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

記憶

山頂の湿地帯は苗場山ならではの風景
色々な山に登り山頂に立ちその風景を楽しんできた

苗場山は広大な景色を楽しむことができた

IMG_57730.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

誘惑

モウセンゴケ(毛氈苔)

モウセンゴケは食虫植物
円形の葉には長い毛がつきその先端からは甘い香りのする粘液を出す
甘い香りに誘われてきた虫がくっつくと丸まって包み込み消化吸収される

気が付かなかったが花も咲かせる
初めて出逢ったけどすごい植物だな・・・

IMG_58060.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

勘違い

コバイケソウ(小梅薫草)

ユリ科の花で新芽は食用にするオオバギボウシに似ていてるので誤食されることも
ただし毒があり場合によっては死に至るケースも・・・

花言葉は「遠くから見守っています」
意味を深読みしてしまう

IMG_58010.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ギャップ

ヒメシャクナゲ(姫石楠花)

小さな壺型の花をいっぱい咲かせる
すごくきれいなピンク色に惑わされそうになる
それもそのはず、学名にはギリシャ神話に登場する美女アンドロメダにちなんでいる

花言葉は「危険」「警戒」、小さく可憐な花からは想像することができない

IMG_57850.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_57710.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

物思い

タテヤマリンドウ(立山竜胆)

淡い青色の1~2cmのほどの小さな花を咲かせる
湿地を好む花なので苗場山にも多く咲いている

日が陰ると花は閉じてしまう

IMG_58030.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_57690.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2145.3

駐車場を出発して3時間30分、山頂へたどり着いた
遊仙閣という山小屋が建っているが今は休業中
展望もいいわけではないのですぐに引き返す
雪渓に埋めてきた水でのどを潤すの楽しみ歩き出す

IMG_57550.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM

IMG_57600.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

いっときの涼

山頂へ向かう途中に木道がすっぽりと雪渓に覆われている
雪渓の上は天然のクーラーこのままここで寝転んでいたいところ
滑らいように慎重に歩き振り返り記憶をカメラにおさめる
帰りに冷たい水を飲めるように雪渓の中にペットボトルを埋めておく

しばらく歩くと苗場山自然交流体験交流センターに出る
苗場山の山頂付近で宿泊できるのはここだけ
中をのぞくとすでに泊まっていた人は出発を終え、管理人さんが掃除をしている
声をかけ記念の山バッジを買い山頂へと向かおうとしたが
展望台まで30秒の標識にこころを動かされ進路を変え、少しのヤブを超えると視界が開ける
登ってきた道のりを見渡し、山頂への道へと引き返す

IMG_57470.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM

IMG_57490.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM

見晴らし台より北西方向を眺めれば登ってきたコースを振り返ることができる
IMG_57520.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

duet

イワカガミ(岩鏡)とチングルマ(珍車、稚児車)

一人より二人で唄えば楽しさも2倍!

花も一緒に咲けばお互いを引き立て美しさが変わる

IMG_57800.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_57810.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_57820.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

風鈴市2

猫をデザインした風鈴はいろいろとあった
この他にもあったが人込みでカメラを構えることが厳しい

不思議と犬をデザインした風鈴は見当たらない

みんな可愛くて猫好きにはたまらないだろうな・・・

IMG_59320.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_59340.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_59450.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_59550.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

風鈴市

川崎大師風鈴市が開催されているので出かけた
3年前にも一度来ているがその時よりも人が多く、写真を撮るのも一苦労
携帯、コンデジ、デジイチとそれぞれお気に入りの風鈴を写真に収めている

風鈴市は全国47都道府県から900種類30,000個の風鈴が勢揃いしている
なかには1個100万円の金の風鈴もある

自分が行った日は2日目、すでに完売になっている風鈴もあった
今年は節電のなか風鈴に涼を求める人が多いのかな・・・

帰りには風鈴ではなく、久寿餅(葛餅)を土産に買って帰る

IMG_59160.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

川崎大師オリジナル厄除け「だるま風鈴」
IMG_59490.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_59580.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

息をのむ

池塘に映る空
その美しい風景に息をのむ

山頂から霧がスーッと降りてくる
霧はしばらくすると消えてしまうが繰り返し降りてくる

すべては豊かな自然が織り成す風景
素晴らしい風景に出逢えたことにただ感謝!

IMG_57260.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM

IMG_57280.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM

IMG_57420.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

万緑の山々

蒼い空と万緑の山

人間が生まれる前からあるだろうこの風景を
未来永劫に残さなければならない・・・

なでしこJAPANの活躍は僕らに勇気を与えてくれた
前半アメリカが怒涛のように攻める。力の差は拒めない
しかし、アメリカはFIFAランキング1位
負けてはいけないと力が入り何度もチャンスを逃す

日本は攻めを凌ぎチャンスを得点につなげていく
延長戦の前半に得点をゆるし2-1になった
これで終わってしまうのかと思ったら、後半に再び同点にし守り抜いた

優勝はPK戦へと舞台を移し
日本は力が抜けた正確なキックでゴールを決めていく
キーパーの壁のような守りで相手にゴールを許さない
そして勝利の女神はなでしこJAPANに微笑んだ

歴史に残るいい試合だった
なでしこJAPANの偉業は未来永劫、語られるだろう
嗚呼、万歳!万歳!万歳!

IMG_57120.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM

IMG_57140.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM

IMG_57150.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

白い雲にのって

坂道を上り詰めると展望が開ける

ザックをおろし、木道に腰を掛け朝食のおにぎりを食べる
見晴らしの良い景色が最高のおかずとなる

朝食を終え写真を撮りながら風景を楽しんでいると
木道の向こうから10名ほどのパーティが来る
リーダーの男性から「いい日に登りましたね」と声をかけられる
また風景を楽しんでいるとこれから始まる下り坂を前に休憩を取っていた
先ほどの男性が僕の所へ駆け寄ってくる

「写真が好きなんですか。ちょっとこっちへ来てもらえますか。」と声をかけられる
10mくらい戻った平太郎尾根の分岐まで連れて行かれ
尾根道を指さし、白く見えるのはチングルマのお花畑
あそこは、先週までは雪があり今がちょうど見ごろと教えられる
山頂へ行き帰りに寄ってみることを伝えお礼を言って別れる
男性の心があたたまる気遣いに山を自然を愛する人だなと思う

ここから山頂まで50分
池塘とお花畑の美しいコースを堪能できる

IMG_57191.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM

IMG_57090.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

解放

3合目から登り始めて2時間15分
湿気の多い上り坂もようやく終わり視界が開ける

青い空と吹きる抜ける風が汗をかいた身体に心地よい
先ほどまでの苦しい思いが頭から抜けていく

この感覚が忘れられなくて山歩きを楽しむ

IMG_57040.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

道行く人の心を映す

イワカカガミ(岩鏡)

小赤沢コースではスタート地点の3合目から山頂までずーっと一緒
薄桃色の花はいろいろな表情を見せてくれる

IMG_58281.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_57870.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_58300.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_57020.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

蒼天を突く

蒼天を押し上げるように力強く伸びる枝

豪雪に耐え生き抜いてきた尊く偉大ないのちの力

自分のいのちの力を信じよう・・・

IMG_56900.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

繊細な色

ショウキラン(鍾馗蘭)

初めて出逢った薄紅紫色の花
こういう出逢いがあるから山はやめられない

IMG_58910.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_58920.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Bonsai

小赤沢コースは全体の83%が湿度の多い林の中を歩く
登山道はぬかるみ靴は泥だらけに、汗だくになって歩かねばならない

長野県栄村は日本有数の豪雪地
そして3月12日はM6.7、震度6強の長野県北部地震により大きな被害を受けた

降り積もった雪が解けて大量の水になるが、地下へ浸み込む量にも限度があり
登山道に流れ込んでいるのだろう

うれしいことに花たちは活き活きとした姿で出迎えてくれる

IMG_56681.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM

別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

苗場山

そろそろ梅雨が明けるだろうと計画していた山歩き
今年は少し足を延ばして苗場山

土曜日の夜、自宅を車で出発し夜中に登山口駐車場に到着
梅雨が明けたとはいえ、山はさすがに涼しい
空を見上げれば満天の星空
夜が明けるまで車の中で星空を見ながら仮眠 zzz・・・

今回選んだコースは長野県栄村小赤沢から登るコース
三合目に駐車場があり山頂までのアプローチは3時間30分
しかし、短い分のリスクも・・・

IMG_56520.jpg

IMG_56530.jpg

別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

かくれんぼ

花の中にかくれたカマキリ

じょうずにかくれたけど見つけてしまった

IMG_56410.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM

IMG_56370.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | 生き物 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

つゆあけ

今朝4時に起きアメリカ・ニューヨークへ旅立つ息子を空港へ送っていった

朝は曇っていてポツリと雨粒があたることもあったが
夏を迎えるべく網戸の掃除をしていると

次第に天気が良くなり晴天に
ニュースは関東甲信地方の梅雨が明けたとみられると報じている
5月末に早々と梅雨入りしたがそんなに雨が降ったという記憶がない
これから暑い日が2ヶ月ほど続く・・・

IMG_56320.jpg
Canon EOS7D EF100mm F2.8L Macro IS USM
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

浅間遠景

鬼押出し園

1783年7月8日、浅間山は噴火した
ここ鬼押出し園では、その時に流れ出た溶岩を見ることができる
溶岩の向こうには、浅間山が見えている

IMG_55510.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ねがいごと

今日は7月7日、たなばたさま
願い事を書いた短冊をつけた記憶は、小学生のころ

体育館に大きな竹を切り七夕飾りが置かれた

何を書いたかはすでに記憶にない

今、震災と原発事故からの一日も早い復興を空を仰ぎ願う

IMG_55440.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

悲しい伝説

ワスレナグサ(勿忘草)
水色の花びらに中央が黄色の小さく可憐な花

その名前の由来には悲しい伝説が

ドイツの伝説で、ドナウ川の岸に咲くこの花を
騎士ルドルフが恋人ベルタに贈ろうとして、誤って川に落ち
急流に流される前に最期の力を尽くして花を岸に投げ
「忘れないで」と叫んで川へと沈んだ


IMG_56140.jpg

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

三ッ池公園2

コリア庭園

写真のこんもりした芝と庭石、何に見えるか
亀に似せて造ってある

昨日、セミが鳴きだした
連日気温が30度を超え、もう夏と思ったか

IMG_56080.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

三ッ池公園

横浜市鶴見区にある三ッ池公園にやってきた
神奈川県立の公園で名前の通り三つの池がある

はじめて来たが自然に囲まれた公園で
野鳥や草花、昆虫も多くいる

写真はコリア庭園
神奈川県と韓国・京畿道(キョンキドウ)との友好提携を記念し建造された

IMG_56010.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM

IMG_56060.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

時感旅行4

薬師温泉へ泊まった翌日
前日とは違うコースで帰ろうと軽井沢方面へと車を走らせる

白糸の滝
幾条もの白糸のように清水が流れ落ちることからこの名がついた
幅70mの滝は見ごたえがある

IMG_55690.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM

IMG_55710.jpg
Canon EOS7D EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

IMG_55750.jpg
Canon EOS7D EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

もうしばらく

連日夏のような暑さ

天気予報は来週も雲と傘マークが続いている
7月に入り梅雨明けまでもう少し

まだ、しばらくは傘が手放せない・・・

IMG_55470.jpg
Canon EOS7D EF17-40mm f/4LUSM
別窓 | きのこ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 散歩 de ふぉと | NEXT