FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

散歩 de ふぉと

散歩の途中で出会った風景や花を写真に・・・たまにはふらりと山へ

沼津アルプス

絶好の天気に静岡県沼津アルプスへ山歩きにでかけた

4時30分起床トイレと洗顔、着替えを済ませ5時10分に自宅をでる
駅への途中で「松屋」で朝定食を食べ、川崎発6時5分の東海道線沼津行電車に乗る
電車に揺られること2時間 沼津駅へ到着
8時20分発のバスで登山口のある多比へと向かう

沼津アルプスは香貫山から南へ横山、徳倉山、志下山、小鷲頭山、鷲頭山、大平山と
続く山稜線で地元の愛好家が整備した低山縦走コースで7山9峠でアップダウンを繰り返す

今回は沼津駅からバスで多比バス停まで行き大平山から北上するコースを歩いた

稜線に出ると駿河湾と富士山を眺望できるコースで今日は空気も澄んでいて北アルプスも望める

一番高い山は鷲頭山で392mだが侮ってはいけない
沼津市の観光情報ではコースタイムが6時間30分となっている

アップダウンの繰り返しでGarminウォッチは上昇量1194m下降量が1190mを記録していた

香貫山は桜がきれいだということなのでまた来てみよう

DSC_0877.jpg

DSC_0887.jpg

DSC_0854.jpg


別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2020年山歩き

遅くなりましたが、

本年も”散歩 de ふぉと”をよろしくお願いいたします

2020年の山歩き初めに選んだ山は静岡県「玄岳(くろたけ)」
年末年始の休みが8日燗と長かったの実家から3日に帰京
4日に一度来たが曇りで富士山を見ることが出来なかった
今日は晴れるとの予報にリベンジ山歩き
まだ夜が明けぬ早朝6時に自宅を出発し駅の途中で朝食をいただく
東海道線を川崎発6時36分発の熱海行に乗車、熱海駅には8時13分に到着
8時25分発のバスに乗車し玄岳ハイキングコース入口で下車歩き始める
登山口までの15分ほどは車道歩きでしかも急坂でなかなかしんどい
歩きやすい山道で登山口から山頂までは45分ほどだが、
山頂は展望が良く相模湾、伊豆半島、駿河湾、富士山を一望できる

空気が澄んでいる間にまた来よう

P1130048.jpg

P1130050.jpg

P1130051.jpg

別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

富士山眺望の山へ

12月8日(日)に会社の友人たちと富士山がきれいに見える山へ出かけた

八王子駅で集合しレンタカーで石割神社駐車場を目指す

すでに駐車場は満車で何台も路上駐車している

借りた車がコンパクトカーだったので駐車場のデッドスペースへ入り込む

身支度を整え歩き出す 403段の石段を登り終えようやく山道となる

冬枯れの山道は明るく足取りも軽くやがて石割神社へ着く

山の名前の由来でもある神社脇にそびえる2つに割れた巨大な岩

割れ目は人が通り抜けることが出来る

山頂へ着くと美しい富士山が出迎えてくれる

もっと間近に見るために大平山へ足を進める

途中の平尾山から、山中湖とツーショットの大平山と富士山に見守られての山歩きだった

IMG_3569.jpg

IMG_3572_20191214213459373.jpg

IMG_3576.jpg

IMG_3581.jpg

IMG_3582.jpg

IMG_3592.jpg

IMG_3603.jpg
別窓 | 登山 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

東北の植物たち

秋田駒ケ岳と乳頭山で出逢えた植物たち

P9130038.jpg

P9130039.jpg

P9130050.jpg

P9130068.jpg

P9130071.jpg

P9140088.jpg

P9140115.jpg

P9140146.jpg

P9140158.jpg

P9140165.jpg

P9140188.jpg

P9140198.jpg

別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

晩秋の赤城山

11月の3連休となる初日の土曜日 晩秋の上毛三山の赤城山へと出かけた

赤城山はカルデラ湖の大沼(おの)を中心とした火山帯体の総称

最高峰は黒檜山(くろびやま)1,828m

今回は黒檜山から駒ケ岳へのコースを歩いた

登山口からのいきなりの岩場の急登と

11月に入ったというのに暑いくらいの気温に歩いていると汗が噴き出る

PB020366.jpg

PB020367.jpg

PB020369.jpg

PB020375.jpg

PB020376.jpg

PB020388.jpg

PB020399.jpg

PB020407.jpg

PB020413.jpg

PB020419.jpg
別窓 | 登山 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

秋田駒ケ岳から乳頭山へ

一泊お世話になった避難小屋を後にして横岳山頂へ立つ

見渡す限りの雲の絨毯まさに雲海だ

ここから焼森~湯森山~笊森山を越え乳頭山へと向かう

登山道の8~9割がヤブこき

朝露とガスののため膝から下はびしょ濡れ、

登山靴の中までびしょびしょになりながら山頂へ

乳頭山は秋田県側の呼び方で岩店側では烏帽子岳と呼ばれている

山頂から秋田駒ケ岳が見え、ここまでよく歩いたなと感慨に浸る

ここからは田代平分岐~蟹場分岐~大釜温泉と下る

登山道から蟹場温泉のバス停へ向かう道へ入ろうとしたバスが発車してしまった

仕方ないので今日のお宿、乳頭温泉「鶴の湯」まで自動車道を歩く

途中で乳頭山に出逢い疲れも少し和らぐ

「鶴の湯」でのんびりと温泉に浸り山歩きの疲れを癒す

いい山旅だった

P9140086_20191019210927be9.jpg

P9140091_201910192109281ce.jpg

P9140093_201910192109310af.jpg

P9140099_20191019210933b33.jpg

P9140127_20191019210936da5.jpg

P9140143.jpg

P9140145_20191019211041168.jpg

P9140171.jpg

P9140203.jpg

P9140204.jpg

別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2019 紅葉

秋田駒ケ岳登山はちょっと休憩

5日土曜日に会社の同僚達と那須岳へと出かけた

台風18号の影響で強風が続いているがどうにかおさまりそうなので前日に決行の判断

東京発6時20分の新幹線に乗り那須塩原へ

7時45分のバスに向かうと立っている人もいてようやく乗り込む

強風のため那須ロープウェイは運行していないとアナウンスされると何人か降車した

9時少し前に那須ロープウェイ山麓駅に到着 バスから降りると強風に体がふらつくほど

峰の茶屋跡避難小屋を経由し山頂へ立ち牛ヶ首から姥ヶ平へと向かった

姥ヶ平に着いた頃には、今までの強い風が嘘のように弱くなっている

天気も良く暑いくらいだが紅葉を見ながら昼食休憩

牛ヶ首まで登り返し高雄口登山道を下り湯本を目指す

16時湯本1丁目に着きバス停の脇にある小鹿の湯で汗を流す

湯上りにビールを飲みたいところだが1時間ほどバスに乗るため

那須塩原駅につくまで我慢 いい山歩きだったな

IMG_3535.jpg

IMG_3548.jpg

IMG_3549.jpg

別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

いざ山頂へ

ムーミン谷から男岳分岐へと入り横岳を目指す

横長根へと下る登山道も眺めがよく気持ちよさそうだ

横岳山頂からは岩手山の雄大な山容に感動する

絶景に何度も足を止めていたので阿弥陀池避難小屋にザックをデポし
男女岳(秋田駒ケ岳)山頂を目指す

この日は阿弥陀池避難小屋で宿泊し、翌朝、乳頭山へと足を延ばす

P9130056.jpg

P9130060.jpg

P9130067.jpg

P9130077.jpg

P9130081.jpg
別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

男岳からムーミン谷へ

水沢分岐で昼食休憩をとり男岳山頂を目指す
男岳は信仰の山で、山頂には祠が建立されている

眼下には阿弥陀池と避難小屋が見え彼方には岩手山を望む
花も終わり紅葉にはまだ早い中途半端なときだが山頂からの望む風景は絶景だ

2年前に登った時に歩けなかったムーミン谷へと進む
男岳からの下りはザレ場なので注意しながら歩く

このムーミン谷はクマの目撃もあるので安心はできない

振り返ってみると女岳の山肌から蒸気が上がっている
あらためて活火山であることを思い知る

コースの終盤で田沢湖と日本海が見えた時には感動し、
しばらく見入ってしまった

P9130025.jpg

P9130027.jpg

P9130029.jpg

P9130033.jpg

P9130034.jpg

P9130035.jpg

P9130043.jpg

P9130051.jpg
別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

秋田山旅

恒例行事の田沢湖マラソンにエントリー

1日休暇を取り一度歩いてみたかった秋田駒ケ岳「ムーミン谷」と乳頭山への縦走を計画

9月13日(金)東京駅6時32分発のこまちに乗車し田沢湖駅に9時22分到着
トイレに行き9時40分発のバスに乗る
平日は8合目行のバスは無いため、蟹場温泉行のバスに乗り「田沢湖スキー場」前で下車
水沢登山道で頂上を目指す

登山道の入り口がよくわからないため「田沢湖スポーツセンター」で教えてもらう

天気が良くこれから登っていく秋田駒ケ岳がすっきりと望める

教わった登山道入り口から歩き始める
最初は広い林道がいよいよ山道になる

メジャーなコースではないため歩く人も少ないのか
道は明瞭でなくコースの70%(個人の感覚)がヤブこきで歩きのに苦労する

約2時間で稜線に出ると女岳の名前からはかけ離れた荒々しい山容と出逢う
(つづく)

P9130001.jpg

P9130003.jpg

P9130010.jpg

P9130016.jpg

別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2019夏登山

今年の長い梅雨が明け夏本番

暑い低山を避け2000m超えの乾徳山へとやってきた

登山道の入り口には、最近熊の目撃情報があったと掲示されている

梅雨が明けたとはいえ湿度が高く暑い

P8030003.jpg

P8030012.jpg

P8030025.jpg

別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

霧ヶ峰の花たち

八島湿原からは御射山方面のコースを歩く
歩いていると大勢の人と行きかう

御射山からは鎌ヶ池キャンプ場先の分岐からはいよいよ山歩きとなる
男女倉山~北の耳~南の耳~殿城山分岐~車山乗越~車山湿原~沢渡~霧ヶ峰インターチェンジ

いつもは静かなコースだが男女倉山~南の耳までは歩いている人も多かった
後半の車山湿原~沢渡~霧ヶ峰インターチェンジのコースは数人しか歩いていなかった

この季節咲いている花も多い
群生していたヤマオダマキ、オレンジ色の花が夏らしいコウリンカ、松ボックリのようなウツボグサ
名前と違って花言葉は「優しく癒す」

P7130021.jpg

P7130025.jpg

P7130031.jpg



別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

がまんできずに

例年であれば梅雨が明けてから出かける霧ヶ峰
3連休の初日だけ曇りの予報に後押しされ出かけることに

特急あずさは新型車両の登場で3月のダイヤ改正から
自由席が廃止され全車指定席となった
朝、特急券を購入しようとしたら全席発売済み仕方なく座席未指定券を購入
臨時列車のあずさ71号に乗車、八王子までは空いている席に座ることが出来た
甲府で結構と下りたのでそこから上諏訪まで座ることが出来た

いつもなら白樺湖側から歩き始めるため茅野駅からバスに乗るが
天気も良くないので八島湿原から歩き始めることにして上諏訪駅からバスに乗ることに

バス発車時刻まで小1時間あるのでコンビニで昼飯を購入しバス停へ
発車20分ほど前にバスが到着
グループ山行が多くバスは満員で定時の9時50分に出発
目的地の八島湿原へはおおよそ45分の路線バスの旅

今、見ごろを迎えているのはニッコウキスゲ
緑の中に黄色の花が目立つ
ニッコウキスゲの蕾はまるでバナナのよう

P7130001.jpg

P7130018.jpg

P7130020.jpg

別窓 | 登山 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

梅雨

山へ出かけたいなと思っていたら梅雨に入ってしまった

梅雨が明けたら少し高い山へ出かけよう。。。

P5180054.jpg

P5180071.jpg

別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

新緑の山へ

2か月振りの山歩き
コースは木下沢林道~景信山~小仏峠~城山~日景

6時ちょうど電車に乗り 川崎~立川~高尾 高尾駅には7時31分に到着
8時12分発のバスには乗らずに歩く

天気予報通り曇っているが雲は厚くない

日景についてしばらくするとスルーしたバスに追い抜かれる
増発便がでて2台での運行

新緑のきらめきの中 鳥のさえずりと沢の水音をBGMに歩く
時々吹き抜ける 5月の風が心地よい

木下沢林道を歩いて出逢った人は4人
林道入り口で自転車のツーリングついでに林道を散策している男性
林道わきの草花を楽しみながら歩く夫婦
景信山登山口で野鳥撮影の女性

登山道に入ってから景信山下の小仏コースへの分岐まで誰にも逢うことはなかった

景信山の山頂はたくさんの人で賑わっている

今回の山歩きでは「キンラン」「ギンラン」に出逢えた
特に「ギンラン」は初めてである

P5180079.jpg

P5180082.jpg

P5180084.jpg

P5180092.jpg

別窓 | 登山 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

春の妖精

さくらの写真にすっかり出番が遅れてしまったカタクリの花

春の訪れを告げる山野草にこころを和ませ 山道を歩く足取りも軽やかになる

P3170252_1.jpg

P3170257.jpg

別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

さよなら さくら2019

散り始めた桜を愛でに出かける
先週は冬に戻ったような寒い日もあったため桜の花も長く楽しむことが出来た

土曜日は池上へ出かけるとお釈迦様の誕生を祝う花まつりで賑わっていた

日曜日は冬の間眠っていた相棒にまたがり多摩川を走る
満開の桜の下で花見を楽しむ人で賑わっている

桜の花を存分に楽しむことが出来た”2019年春”に満足

P4060005.jpg

P4060021.jpg

P4060055.jpg

P4070071.jpg

P4070074.jpg


別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

さくら2019 Ⅱ

3月30日の天気は当初雨も降るような予報だったが、
友人夫婦と小田原へ桜見物へと出かけた

小田原駅からは「うめまる号」という500円で乗り放題の観光循環バスに乗り
最初に向かったのは「石垣山一夜城」で国指定の史跡になっている

豊臣秀吉が小田原征伐の際に築いた関東で最初に造られた「総石垣の城」であった
石垣山一夜上と言われているが実際は80日間を費やしたと言われているが
80日間でもすごいことだと感心してしまう

嫁さん達は史跡よりも対面にある「一夜城ヨロイヅカファーム」に心を奪われている

一夜城石垣と枝垂れ桜
P3300023.jpg

小田原城と桜
P3300028.jpg

天守閣から見る桜
P3300039.jpg

大田区「桜坂」の桜
P3310047.jpg

P3310045.jpg

東光院脇の六郷用水の桜
P3310050.jpg

別窓 | 散歩 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

さくら2019

24日に照栄院の垂れ桜
花が少なく満開少し前だったのか

P3240007.jpg

P3240009.jpg


別窓 | 散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

利休梅

先週の暖かさが影響したのか満開になった利休梅
何年も通っているが満開に出逢えたのは初めて

春を感じ心も軽くなっていく

P3240041.jpg

P3240043.jpg

P3240047.jpg

別窓 | 散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

春の風の花

山でも春の訪れを感じる
純白のニリンソウはまだ咲きはじめ
蕾の淡いピンク色がかわいい

ニリンソウの英語名は「Soft Windflower」
登山道にはあたたかくやわらかな風が吹き抜けていく

P3170150.jpg

P3170176.jpg

P3170178.jpg

P3170181.jpg

別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

観梅2019

土曜日より日曜日のほうが天気が良さそうなので景信山へ出かけることに
天気予報では午後から雨が降るというので早朝の出発
シニアには早起きは苦にならない目覚まし無しでも目が覚めてしまう

高尾駅からの小仏行き7時12分発のバスは1台増発

木下沢梅林に先週来た時には少し早いかなと思ったが、今週は見ごろになっていた
カメラで梅林を撮ったが、朝陽で逆光のため景信山の帰りにも寄ることにし歩いていく

景信山へ向かう途中ではニリンソウやハナネコノメソウ、ヤマネコノメソウ、
ヨゴレネコノメソウに逢えてもう春だなあと感じる

P3170245.jpg

別窓 | 登山 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ハナネコノメソウ 2019

9日土曜日に日景沢へハナネコノメソウを見るために出かけた
山歩きをするわけではないので自宅を9時過ぎに出て高尾駅には11時ころ到着
高尾梅郷梅まつりが開催されていてたくさんの人が訪れている
まつり開催中はまともにバスが動かないことを知っているので日景沢まで歩く
歩いている人も多く、歩くのにも一苦労する

今年の日景沢のハナネコノメソウはちょうど見ごろを迎えていたが
大雨の影響なのかすごく少なくなっていて残念だ

P3090054.jpg

P3090058.jpg

P3090075.jpg

P3090081.jpg

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

CP+ 2019

横浜で開催されている"CP+ 2019"に出かけた
着い時は開場を待つ人があふれていた
各メーカーのブースでは新モデルの試写会やトークショウなど行われ盛況だ

熱気あふれる会場を後にし赤レンガ倉庫、大さん橋へと足を向ける

大さん橋にはマンションのような客船が停泊している
いつかこのような客船でゆったりと旅ができたらいいなと考えつつ中華街へと向かった

中華街で肉まんを食べ天津甘栗をお土産に帰宅した

P3020009.jpg

P3020027.jpg

P3020031.jpg

P3020042.jpg

P3020046.jpg

別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

いちご狩り

反射炉の見学を終え、次に向かったのは「いちご狩りセンター」
昼頃だったためすでに終了してしまっていて嫁さんたちはがっかり

一旦はあきらめ江川邸の見学へと向かった
途中に菜の花畑があり一面黄色に彩られていた

江川邸まで来るとなんといちごの直売所があり覗いてみると
食べごろのいちごが並んでいて嫁さんたちは早速GETしていた

江川邸のことはまた後日書きたいと思う

P2170026.jpg

P2170040.jpg

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

温泉旅

友人夫婦と旅行に出かけた
旅行先は静岡県伊豆の国市「伊豆長岡温泉」

新聞に掲載されていた無料宿泊券プレゼントで、
往復はがきで応募すれば抽選に外れても半額で宿泊できるというので、
嫁さんと1枚ずつ応募したら半額券が2枚届いたので友人夫婦を誘っての旅行となった

伊豆長岡駅前の観光案内所に観光したい、
「韮山反射炉」「いちご狩り」「葛城山ロープウェイ」の希望を伝えたところ、
今日は富士山が見えないので葛城山ロープウェイは見送って
1日乗り放題のバス「歴バスのる~ら」に乗って周遊するコースを進められた

タイミングよく「歴バスのる~ら」が来たので乗車し1日バス乗り放題券を購入する
なんと1人300円で乗り放題!しかも各施設の割引などの特典が付いている

最初に向かったのは「韮山反射炉」
自分は一度来たことがあったが10年以上前で整備される前だった
2015年7月に世界遺産に登録され資料館もでき反射炉のことをよく理解できる
ボランティアガイドさんが案内してくれ詳しく説明してくれるのでとてもよかった

P2170022.jpg

P2170006.jpg

P2170003.jpg

P2170011.jpg
別窓 | 風景 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

立春

土日は暖かく春を思わせる陽気

そして立春の今日は気温も18度に上がるという

このまま春になってくっれば思うが午後からは北風が吹き寒くなるという

本当の春はまだ先のようだ

P2030507.jpg

P2030508.jpg

別窓 | 散歩 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

初春

陽差しがホッとする気温の低い3連休

久しぶりに池上へ散歩に出かけた

日影に入るとやはり寒さを感じる

蝋梅、梅、菜の花が咲いているの見るとほっこりとする

P1130555.jpg

P1130561.jpg

P1130569.jpg

別窓 | 散歩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2019年

 明けまして
 おめでとうございます

  本年も”散歩 de ふぉと”をよろしくおねがいします。

PB230553.jpg

別窓 | 登山 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

イルミネーション

友人夫婦とあしかがフラワーパークへイルミネーションを観に出かけて

夕方16時30分ころ入場し暗くなるのを待っている間に人が増えていく

12月としては暖かい日だったが陽が落ち風が吹くとさすがに寒く感じる

あしかがフラワーパークを後にし温泉へと車を走らせた

PC010549_2.jpg

PC010541_2.jpg

PC010537_2.jpg

PC010535.jpg

PC010533_2.jpg

別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 散歩 de ふぉと | NEXT